家族や恋人が行方不明になる原因

家族・恋人の家出の原因

2013年5月に警察庁から発表された2012年の行方不明者総数は81,111人にものぼります。届け出が出されていないものを含めたら恐らく10万人近い人数になるのではないでしょうか。

 

いつもと変わらない日常を送っていながら、家族や恋人、親戚などが忽然と姿を消してしまうのはとても心配なものです。

 

単なる家出なら数日で帰ってくる場合もあります。
しかし、家出する原因にまったく心当たりが無く、更には置き手紙も無いし連絡も取れないとなると、考えてしまうのは何か事故や事件に巻き込まれたのではないか?など最悪の事態を想像してしまいます。

 

行方不明の原因や動機として多いのは家族関係にまつわるものや事業や職業関係等ですが、そういった事に原因が無さそうな場合は事故や事件性を疑ってみた方がいいかもしれません。

 

女性の場合は強姦目的の誘拐もありうる

 

最近の事件などでは、通りでぶつかって口論になった後、車に相手を拉致するといったものや、行方不明者が女性の場合は強姦目的の誘拐などが実際にあります。

 

派手な素行だとトラブルにも巻き込まれがちだと言う方もいらっしゃいますが、近年は何の関連性も無いような人がある日突然何かのタイミングでトラブルにあってしまう事もとても多くあります。

 

某飲食チェーン店で1人出来ていた女性客を、その店の店長とスタッフが組んで拉致監禁した事件も記憶に新しいものです。店をあずかる責任者がそのような行為に及ぶとは想像もできないことです。

人身売買目的で拉致されている可能性もあり

 

また、最近は諸外国の人身売買が問題になっていますが、日本でも関連したトラブルに巻き込まれてしまう可能性も否定できないでしょう。近隣国の人間が舟でやってきて日本人を連れ去るなんていうことが起こりうるのですから。

 

安全な日本とは言っても、いつ何時どんなトラブルに巻き込まれるかわからないのです。警察では事件性が認められないとなかなか受け入れてくれません。そんな場合は自分で捜索するか専門の調査員に頼むしかありません。

 早期に動く事で解決する事もありますので、早めの行動を取られる事をおすすめします。まずは捜査のプロに相談してみるのが良いでしょう。

料金が明確で信頼できる人探しにおすすめの探偵事務所一覧