「プチ家出」について|未成年の家出と非行・犯罪の相関関係

最近話題となる「プチ家出」とはどのようなものか、また、プチ家出から本格的な家出に発展する可能性もあり、
家出を繰り返す事により非行や犯罪に巻き込まれる可能性が考えられます。
こうした事を防ぐ為にも、子供が万が一家出をした場合何が最善策なのかを説明していきたいと思います。

 

プチ家出とは?

 

プチ家出とは、「小さな家出」という意味ですが、家を出て半日以上若しくは1週間以内による数日間の家出をいいます。

 

例えば、親と子が些細な事から喧嘩が始まり、そのまま会話を交わす事なく自室に籠るのと似た様な感覚で友達の家に泊まり、
数日後に自宅に戻る場合が増加の傾向にあるといえます。
また、親子喧嘩や家庭への不満といった原因もなく、こうしたプチ家出をしてしまう子供が増えてきているといわれています。

 

家出を繰り返すとどうなるか?

 

プチ家出も、繰り返せば本格的な家出に発展し、家出から暴走族やチーマー、ギャングなどと近づき、非行に走ったり誘拐や性犯罪などの犯罪に巻き込まれる可能性が高くなるといえます。

 

警視庁の過去のデータにおいては、女性より男性による家出や行方不明者が多く、未成年の家出は全体の約2割を超えています。

 

未成年の子供の家出問題の最善策とは?

 

未成年の子供の家出がエスカレートすると、非行や犯罪に巻き込まれる可能性が高いものです。
しかし、万が一子供が家出をしてしまった場合は探偵事務所への早めの相談・依頼により、早めに発見される確率が高くなります。

 

子供が無事に発見された後は、十分なアフターケアが再発を防ぐカギになります。
ところが、親は子供を心配するあまり、激怒したり、叱り続けてしまうものですが、家出をした後の子供にどう接して良いのか分らない事があるものです。

 

こうした問題も考えるのであれば、各地域の児童相談所に相談してみるのがおすすめです。
子供とどう接していけば良いのかわからない、といった相談に乗ってくれます。

 

★児童相談所については、こちらの記事で書いています。
>>【未成年の子供が家出をした時】児童相談所について

料金が明確で信頼できる人探しにおすすめの探偵事務所一覧