探偵の人探しの方法【成功率・失敗率】

失踪した身内、家出・行方不明・行き別れた家族、初恋の人や昔世話になった恩人、こういった特定の人物を探したい場合、自分では手に負えなくて警察を頼ったとしても、届け出を受理するだけで事件性が無い限りは捜索してくれないことがほとんどです。

 

そうかと言って、探したい人物にトラブルや心配事を感じている時や自分に時間が無い時などは、すぐにでも見つけ出してほしいと思う人もいらっしゃるでしょう。

 

探偵事務所なら高い発見成功率

全国の探偵事務所を調査してみると、人探し案件の発見成功率は90%近い事がわかります。

 

人は一人では生きてはいけません。日本国内において誰とも関わらずに衣食住を手に入れる事は不可能に近いでしょう。
失踪人・家出人などの行方不明の人物でも、何かしら誰かと接触していますし、行き別れや恩人の方も個人情報が少しでもあれば足取をたどっていく事が出来ます。

 

こういった背景からも、人探しの発見成功率が高いのは納得できるかと思います。

 

また、残りの10%については、情報不足という事が考えられます。
昔の初恋の人や恩人等を探す場合、依頼主でさえも記憶があいまいな場合が多いようです。
例えば「20年前に○○に住んでいたトオルさんという人物を探してほしい」という依頼では、なかなか捜索も難しいはずです。

 

探偵事務所はどんな捜査方法で、どこまでしてくれるのか?

 

さて、そんな人探しの発見率90%を誇る探偵事務所ですが、どんな捜索方法なのか気になる所です。
依頼者の中には、

  • 「顔は合わせたくないけど法的手続きの為に捺印だけをしてもらいたい」といったケース
  • 「こちらの名前は伏せてその人物が何処でどうしているのかだけを知りたい」といったケース

など実に様々な依頼内容があります。

 

そういった依頼主の意向に沿いながら、探し出す人物の状況(家出・失踪・行方不明など)に応じて情報収集を行い、一つ一つ足取をつかんでいくのです。

 

特に大きな探偵事務所の場合、全国にネットワークを持っているので一般の人が捜索するよりもはるかに早い解決が見込めます。
確かに素人の捜索では限りがありますし、捜索のプロの見た目では、もしかしたら間違った捜索の仕方を行っている可能性もあります。

 

プロが捜査の中で使用する様々な道具も、素人では用意するのに手間がかかりますし、人数を揃えての捜査と比べ自分ひとりでは限界があります。
実際にプロの探偵の捜査を模擬体験したレポートによると、プロは常に数人の捜査員と情報共有し、時間のロスや相手を見失うなどの失敗を防いでいるようです。
(参考サイト:人探しで有名な原一探偵事務所で探偵の捜査を体験レポート!

 

また、こういった地道な捜索だけではなく、必要に応じて依頼者と人物とを対面させるサポートも行ってくれる探偵事務所もあるようです。
探し人が見つかったあとの依頼人の心のケアまでサポートしてくれる探偵事務所もあります。

 

より早くて、確実に相手を見つけたいと考えるなら、専門の探偵事務所に相談してみる事をおすすめします。

 

料金が明確で信頼できる人探しにおすすめの探偵事務所一覧