【家出人探し】探偵の平均的料金・費用相場と見つかるまでの日数

人探しというお仕事は、調査の難易度の低い・高いなどの様々な内容が挙げられます。
そこで、人探しにかかる平均的な日数と見つかりやすい場合や見つかりにくい場合はどれくらいかかるのか、平均的な料金相場について説明していきましょう。

■人探しにかかる日数について


平均日数

家出人による探偵の統計において、平均的な発見による期間は、およそ1週間〜30日のようです。
家出人による人探しの調査の内容は、行方不明の家出人を追跡し、現在の居場所を判明させる業務内容です。
つまり、理由もなく突然家から出て行ってしまった場合や朝から勤務先や学校に行ったきりで戻ってこない場合が挙げられます。

見つかりやすい場合とは?

家出人が見つかりやすい場合とは、家出人の捜索による依頼が早ければ早いほど、家出人の早期発見に繋がります。
また、早期発見の決め手となるカギは、氏名や旧住所、生年月日や勤め先や学校など情報量が多ければ多い程、短期間での発見が可能です。
見つかりやすい場合は、約1週間位といわれています。

見つかりにくい場合とは?

家出人が見つかりにくい場合とは、家出人の捜査の依頼が遅くなった場合が挙げられます。
更に、家出人の相手の名前がフルネームではなく、苗字のみしか分らないない、生年月日や昔の住所も分らないなど、調査対象となる人物の情報が少なければ少ない程、発見される確率も低くなります。
場合によっては、調査する事が出来ない場合も考えられます。
見つかりにくい場合は、約1ヶ月から3ヶ月以上かかってしまうケースがあります。

■平均的な料金相場について


調査料金の相場については、大半は調査日数と調査期間で合算される為、調査日数と時間が短期間である程、安くなるといわれています。
これは、ある探偵社を例にとってでありますが、1時間で¥5000円を2時間依頼して、5日間かかったとします。
すると、5日間で見つかった時の金額は、5万円となります。
その為、調査を始めてから1週間以内の場合は約5万円から30万円が相場で、見つかりにくい場合は約30万円〜50万円位が相場であると考えられます。

料金が明確で信頼できる人探しにおすすめの探偵事務所一覧