うつ病の彼氏・彼女が失踪した時の傾向や行動パターン

うつ病の方

  • うつ病の彼氏が突然家を出てしまった
  • 自殺願望のある彼女の行方が急に分からなくなった

 

心の病は誰もがかかる可能性のあるものです。
身近で大切な人が、そんな時に急にいなくなってしまったら…あなたはどうしますか?
ここでは、うつ病を患っている恋人(彼氏・彼女)が失踪した時の傾向や行動パターン、気をつけるべき点などについて説明していきましょう。


うつ病の恋人が失踪する時の傾向と失踪前の行動パターンについて

 

うつ病の方が失踪する原因は、精神的ストレスによる影響が大きいといえます。
うつ病を患っている本人が自分の行動の善悪の判断の有無に関係なく、自殺行為や自傷行為に関わる危険性が考えられます。
失踪前の行動パターンとしては心身共にうつ状態による意欲低下に伴い、睡眠・食欲が低下する傾向にあるといわれています。

 

また、健常者の失踪とは異なる行動をとる事が多く、ホテルや旅館などの施設を利用する事ないまま徘徊を続けている状態になりやすい為、発見されにくい傾向にあるといえるでしょう。

 

うつ病の恋人が失踪する原因と気をつけるべき点とは?

 

失踪を予防する為に必要な事は、普段から相手の状況や行動パターンを把握しておく事が大切です。
更に、本人が助けを求めているサインを促していても、その事に気付かないでいると失踪や家出の原因にもなりかねません。
まず、相手が何を言おうとしているのか、何を希望しているのかを根気強く最後まで聞いてあげる事が必要です。

 

うつ病の恋人の失踪でお困りの方は専門機関へすぐに連絡を!

 

まずは、警察や専門機関にも相談しましょう。
相談が早ければ早い程発見にも繋がり、連絡を後回しにすると発見されにくい可能性もあります。

 

また、相手が失踪してしまった場合は、部屋の中の所持品や状況をしっかりと確認して、情報を収集しておく事が必要です。
自分だけで解決しようと悩みを抱え込まず、人探しの専門機関である相談センターに早急に相談しましょう。
特に、人探しや尋ね人の無料相談センターは24時間体制で無料で相談を受け付けています。

 

うつ病の恋人の失踪が発覚した時点ですぐに連絡をし、失踪する前の恋人の様子や状況や着ていたと思われる服装や所持品などをしっかりと伝える事が大切です。

料金が明確で信頼できる人探しにおすすめの探偵事務所一覧