探偵の料金相場|料金体系別にみるメリット・デメリット<1件あたり、1日あたり、1時間あたり>

家出人探しにおいての料金相場には、色々な料金設定が挙げられます。そこで、料金体系を3つのパターンに分けて、メリットとデメリットを述べていきましょう。

 

■料金体系その@「1件あたり○○円の1件タイプ」

 

こちらは非常にわかりやすく、調査1件につきいくらと決まっているタイプです。

 

メリット

 

1件あたりといった料金設定のメリットは、「予め予算が確定されている事」だと考えられます。つまり、最終料金の目安が予め分っているという点において、安心出来る料金体系です。

 

デメリット

 

所在調査などの調査結果が分るものであれば申し分はありませんが、どういった内容が「調査結果」となるのか基準が曖昧な場合があるのがこうした料金設定のデメリットといえるでしょう。また、悪質な探偵事務所において、追加料金が次々に加算されていくパターンがあるので、契約時にはきちんとした確認が必要となります。

 

■料金体系そのA「1日あたり○○円の日割りタイプ」

 

こちらは、調査を1日するごとに何円ずつかかるという日割りタイプの料金設定になります。

 

メリット

 

「調査する日と調査しない日」を細かく打ち合わせ出来る事や効率的な調査を進めていく事が可能です。また、基本料金が予め確定している場合、探偵調査の日数により、費用が分りやすいといえます。

 

デメリット

 

1日あたりといった日割り型の料金体系の場合、契約の時点において合計金額が不明という点においてデメリットと考えられます。また、短時間でも長時間の調査においても探偵会社に損をしない料金設定がされている為、日数が多いとその分金額が高くついてしまうといった点です。

 

■料金体系そのB「1時間あたり○○円という時給計算タイプ」

 

こちらは、調査にかけた時間によって料金が発生するタイプになります。

 

メリット

 

料金設定が1時間あたりという場合は、調査する時間を細かく打ち合わせできる為、日割り計算と同様、効率的で質の高い調査が可能です。
更に、様々な状況に応じて調査の時間を調査の時間を変更する事が出来る為、柔軟な対応が可能なのです。また、時間単位の金額は確定いるので、料金がいくら発生しているのかを知る事が出来ます。

 

デメリット

 

時間で計算するタイプの料金体系は、契約の時点において合計金額が分らないといったデメリットが挙げられます。

料金が明確で信頼できる人探しにおすすめの探偵事務所一覧